4/25 USA SHOOTING 練習模様
2010-04-26 Mon 04:19
SUBMISSION COMBINATION NO.1の反復練習は
毎回やってますが今回は東京セミナーに参加した
リーチョン氏が貴重な細かい部分を聞いてきてたので
それをもとに、ひとつひとつの技の修正をしました。

DSC00901.jpg

Telephone Arm Look No.1~No.4の修正。

DSC00903.jpg

No.1の修正!

DSC00906.jpg

グラップリングスパー!

DSC00908.jpg

修斗グラップリング九州チャンピオンでもある
岩本氏の多彩な関節技!

DSC00907.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
4/18 USA SHOOTING 練習模様
2010-04-19 Mon 02:49
DSC00883.jpg

DSC00891.jpg

DSC00896.jpg

“打・投・極”

“打”はキックとパンチを意味し、“投”は投げ技を、
“極”はサブミッション(関節技)をあらわしている。
そしてSHOOTINGの特徴は他の格闘技と比較したとき、違いが一目で理解できる。
ボクシングは打はあるが蹴・投・極がない。
キックボクシングは打と蹴はあるが投と極がない。
着衣格闘技としての柔道とサンボは、逆に投と極があるが打と蹴がない。
同じ着衣格闘技でも空手は柔道やサンボと反対に打と蹴があって、投と極がない。
つまり、SHOOTINGはあらゆる格闘技の要素を全部含んだ総合格闘技なのだ。
そこには立ち技と寝技の二つの世界がある。
立ち技は離れて闘うことを意味し、寝技は密着して闘うことを意味している。
ボクシングとキックボクシングは密着すると試合にならない。
あくまで離れて闘う競技である。
学問が同じ分野でも細かく専門化されていったように、
格闘技もパンチならパンチだけと専門化されて闘われている。
そういう時代にあってSHOOTINGは逸早く、総合化の方向に目標を定め、
格闘技の新しい可能性を掘りおこそうとしている。
しかも、その技術はボクシング、キックボクシング、柔道、サンボ、レスリングの
最高のものを目標にしながら、それをミックスして闘うものである。
これがSHOOTINGという1980年代半ばに生まれた新しい格闘技のすべてである。
考えてみるとSHOOTINGは最も自然な格闘技である。

“THE TECHNICAL SHOOTING FIGHT”より抜粋
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
4/11 USA SHOOTING 練習模様
2010-04-12 Mon 02:03
SUBMISSION COMBINATION NO.1
ひたすら反復練習・・・

DSC00830.jpg

FOOTWORK
Forward-Backward
Left-Right (Lateral)

DSC00851.jpg

Telephone Arm Look

DSC00853.jpg

◆ポイント
「相手の手首を折らなければ、ひじを極めることはできない。
力ずくでいこうとせず、まず手首を折って耳をテコにして極める」

テレフォン・アームロックにかぎらず、すべての関節に言えることだが、
技には馴れることが大切だ。
たとえば、柔道の肩固めの体勢になった(つくった)とき、
無意識のうちにテレフォン・アームロックの技術データがインプットされ、
正確に作動できるようになるまで、練習を積み重ねる。
ふだん練習場で馴れている技や、自分なりに研究した技ほど
実戦で頼りになるものだ。

◆関節技における攻撃の極意
「関節技で攻撃するためには、粘り強い筋肉が必要だ。粘り強い筋肉とは、
力強さとしつこさを合わせ持った筋肉のことである。
しつこく攻めるためには、相手を十分押さえこむことが大前提となってくる。
相手の重心のポイントを外さず、有利な状態でしつこく攻撃することこそ、
関節技における攻撃の極意である」
“極める前に押さえこめ”

“THE TECHNICAL SHOOTING FIGHT”より抜粋
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
4/4 USA SHOOTING 練習模様
2010-04-05 Mon 19:48
基本サブミッション・コンビネーションNO.2を中心に練習。
NO.2は足関節のコンビネーションです。

SUBMISSION COMBINATION NO.2

1 Double Ankle Look
2 Tsubo Ankle Look
3 Knee Ankle Look No.1
4 Knee Ankle Look No.2
5 Reverse Knee Ankle Look
6 Achilles Tendon Hold No.1(Jun)
7 Achilles Tendon Hold No.2(Jun)
8 Achilles Tendon Hold No.3(Jun)
9 Heel Hold(Jun)
10 Achilles Tendon Hold No.1(Gyaku)
11 Achilles Tendon Hold No.2(Gyaku)
12 Achilles Tendon Hold No.3(Gyaku)
13 Heel Hold(Gyaku)
14 Stop Leg Achilles Tendon Hold No.1
15 Stop Leg Achilles Tendon Hold No.2
16 Stop Leg Achilles Tendon Hold No.3
17 Leg Look Achilles Tendon Hold No.1
18 Leg Look Achilles Tendon Hold No.2


DSC00832.jpg

Achilles Tendon Hold No.1(Jun)
手首をアキレス腱に対して90度にあて、下半身で押しながら
上半身で引き伸ばして極める。

DSC00833.jpg

Achilles Tendon Hold No.2(Jun)

DSC00841.jpg

Achilles Tendon Hold No.3(Jun)

DSC00845.jpg

Leg Look Achilles Tendon Hold No.2

DSC00831.jpg

各種お問い合わせはこちらへ!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
赤崎道場
2010-04-03 Sat 01:44
現役プロ修斗選手の赤崎勝久選手が営む赤崎道場訪問!

赤崎代表は2月末に行われた中村会長のUSA修斗福岡セミナーに参加され、会長の思想や
世界最高レベルの技術に感銘をうけ、セミナーで直接会長より指導を受けた重要な基礎を
ご自身の道場の練習に取り入れられてます。

そもそもこの日訪れたのは赤崎代表がそのときのセミナー内容のような映像が
欲しいとの事だったので、若き日の会長の基本コンビネーションが収録されてる
“ドラゴンの末裔たち”のDVDを渡しにきました!
(私はこの映像を十数年前に見て会長の大ファンになりました!)

それと会長赤崎代表のことを褒められてたので、そのことを代表に伝えると
かなり喜ばれてました!

私は中村会長の偉大さや思想がプロ選手や指導者の方々に伝わっていくことを
非常に嬉しく思います。

loko.jpg

赤崎道場は福岡市中央区の六本松交差点付近にあります。

lll.jpg

若く活気ある道場!

koko.jpg

代表は“イノサントアカデミー”に渡米修行に行きたいとも言われてました!
一緒に行きますか!?

rogo.gif

 総合格闘技 赤崎道場 A-SPIRIT
別窓 | 赤崎道場 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
渡米記14 サンフランシスコからシアトルへ
2010-04-01 Thu 06:35
サンフランシスコからシアトルに向かっておよそ800マイル(約1300km)の北上開始!

P1000152.jpg

今は無き“カークィネスブリッジ”を渡り・・・

P1000153.jpg

フリーウェイ80号線から5号線をひたすら北上!

2006-08-30-18.jpg

移動中、夜中に寄ったガスステーションでYORI先生の命令によりトレーニング開始!

えっ!ココでですか!?・・・とも言えず強制参加!

黒人の見物人が寄ってきて「Crazy Japanese!!」とか言ってました、、


P1000166.jpg

この日はオレゴン州の山の中で数時間車中泊!
寝れなかったマコちゃんと私は周辺を散策。。
コーヒーショップを発見!

P1000161.jpg

そく買い!!
大自然の肌寒い朝に飲むコーヒーは格別。。。

P1000162.jpg

遠くで線路を走る音が聞こえたので鹿のいる森の中を
音のした方にぬけると一直線の線路を発見!
実に気持ちのいい場所で、マコちゃんと、しばしくつろぎました・・・

P1000157.jpg

そしてまた明け方大自然の中のフリーウェイをひたすら北上・・・
気持ちのいい景色が続きます・・・

P1000321.jpg

ワシントン州のシンボル的山、レーニア山が見えてきました!
実際見ると凄い山ですねぇこりゃ、、

P1000193.jpg

ついにシアトルのダウンタウンが見えてまいりましたぁ~

画像 110

ワシントン州一の超高層ビル“バンクオブアメリカ・タワー(通称コロンビアタワー)”285m
私は高層建築物マニアでもあります、、

長い道のりでした・・・といってもすべてYORI先生の運転、、
ありがとうございます!お疲れ様でした!!
別窓 | 渡米記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| JASON FACTORY |

最新← ページ移動 →過去